外で運動するとき、紫外線対策をしっかり行なっておかないと、自分が思っている以上に疲れてしまい、すぐにバテてしまいます。運動するときには、きちんと日焼け止めを塗って運動するようにしないといけません。肌が茶色く焼けているほうがカッコいいという人もいますが、紫外線は肌の老化を促し、肌が硬くなったり、シワが深くなったりしてしまいます。運動時の日焼け止めの効果的な使い方とおすすめの紫外線UVケアをお伝えします。

スポンサーリンク

日焼け止めにあるSPFとPAの使い分け方

shigaisen-1

日焼け止めには、紫外線を反射したり、吸収したりする成分が配合されていて、紫外線から肌を守ってくれます。日焼け止めは、SPFとPAがあります。SPFは、UVB(紫外線B波)を防ぐ効果があり、肌が赤くなるのを防ぎ、PAはUVA(紫外線A波)を防ぐ効果があり、肌が黒くなるのを防ぐ作用があります。

屋外でのランニングやウォーキングをするときにはSPF30・PA++で十分な効果が期待出来ますが、炎天下でのレジャーやマリンスポーツなどをするときは、SPF30~50+、PA++~++++で紫外線から肌を守るようにします。

スポンサーリンク

日焼け止めの効果的な使い方

hiyakedome

日焼け止めをきちんと使うことで運動時のバテを防ぐことができます。紫外線を浴びると活性酸素が発生し、疲れの原因となります。そのため、運動するときに肌を露出する部分には日焼け止めを塗ることが大切になります。

顔や手足など日光に当たる部分にムラなく塗るようにします。使用方法に書かれている分量をきちんと塗るようにします。ここでケチって少ない量で塗ってしまうとUVケアの効果が低下する原因になります。耳と襟足をよく塗り忘れることがありますので、しっかりと塗るようにしましょう。

2~3時間おきに塗り直すことを忘れないようにしましょう。汗を拭いたりすることで落ちてしまいます。帰宅したら、クレンジング剤で日焼け止めをきちんと落とすようにします。特に汗や水に強いウォータープルーフタイプは肌に残りやすく、肌に残ることがあり、空気に触れ続けると変質しやすいので肌に悪影響を及ぼす可能性があります。日焼け止めを使用したときには、きちんと洗い流すようにしましょう。

日焼け止めの効果的な使い方としては、

1.日光が当たる肌に日焼け止めを塗る

2.使用方法に記載されている十分な量を塗る

3.2~3時間毎に塗り直す

4.帰宅後、クレンジング剤で洗い流す

おすすめの日焼け止め5選

短期間の外出・赤ちゃんにも使える

「 アロベビー UVクリーム 」は、合成された紫外線吸収剤は使わずに、100%天然由来原料を使用した日焼け止めなので、敏感な赤ちゃんの肌でも負担が少ないので使うことができます。モデルや芸能人愛用、新聞や各種メディアにも取材掲載された、注目のUVクリームです。SPF20、PA+~++

日常生活やウォーキングやランニング時に使える

「 ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト 」は、天然由来成分だけで作られた、紫外線をしっかり防ぐ日焼け止めクリーム。乾燥しがちな肌を潤し、健やかに保ちます。化粧下地にも。赤ちゃんにも使えます。SPF33、PA++

長時間の外出やレジャーの時に使える

「 ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリージェルは、全身に伸ばしやすい水感ジェルで紫外線をしっかりカットしてくれます。洗顔料で簡単に落とすことができます。SPF50+、PA++++

海やプールでの日焼け対策に使える

「 ピジョン UVベビーミルク ウォータープルーフは、毎日使いやすい肌にやさしいもの、汗や水に強いウォータープルーフはシーンや暑い夏の季節に大活躍してくれます。

スポンサーリンク

まとめ

男性は運動時に、日焼け止めをしないことが多いですが、肌ケアのためだけでなく、運動効率を上げるために日焼け止めを塗っておくことが大切です。運動して、すぐにバテてしまっては、体力向上になりませんし、体調を崩しやすくなると夏バテの原因になります。

日焼け止めには、オールインワンタイプもあり、化粧水・乳液・ボティクリームなどが含まれているものもあり、肌に必要な機能を1本にまとめたものもあります。それに手軽にUVケアするならスプレータイプもおすすめ。

タイプの違う日焼け止めを持っておくことで、使い分けるといいです。